土との繋がりを見直す

 

Oliver LASALA

​パーマカルチャー農家

パーマカルチャーを始めたきっかけ

 

心臓発作をおこして、自分が今まで大切だと思っていたことや、価値があると思い込んでいたことが、そうではなかったと思ったのです。

まあ、人生の優先順位をつけたのです。

それで、自分が好きな畑仕事を始めました。

で、15年前程から、自分の家族が食べていける分だけの自給自足はやっていましたが、Dompierre-sur-Charente に引っ越してきたのは2015年です。

​ここで、近隣住民やレストランに地産地消として、野菜などを販売しています。

 

土になるべく手を加えない

土地に負担をかけたくないので、自然と土壌の命のサイクルに寄り添って野菜を作っています。

だから、種によって、どうしてもという一部の例外を除いて、耕運機も使っていません。

娘も、耕運機の音を嫌いますし。

うちには、現在、羊が2頭(うちの畑で一番高い買い物でした。笑) と、カモが15頭いて、彼らに雑草なんかは任せています。

除草剤なんかはもちろん使いません。

 

野菜の種類について

 

現在、トータルで90種類位の野菜を育てています。

僕は、スーパーで買うことが出来る野菜は育てていなくて。(笑) 

いま、どこのスーパーに行っても、大体同じクオリティで、同じ味で、同じ形の野菜が買えますよね。

フルーツも然り。全てが標準化されてしまっていて。

これって、生産性を追い求めた結果、品種改良を経て、収穫高の高い品種や強い品種を優先してきた結果だと思うのです。

でも、150年前くらいは、数百種類の野菜があったのです。だから、僕は、収穫高は落ちても、古代からある品種に戻りたくて、伝統的な品種、しっかりと野菜の個性がある品種を育てています。

うちの畑にあるトマトは、赤いものなんてほとんどないですよ。(笑)

 

 将来の目標

 

今年は、鶏の餌用の麦を育てはじめたので、2-3年後には僕たち人間用の麦を育てたいですね。

麦は、土壌にしっかりと根を張って、土壌も豊かにしてくれるので、そういった土壌を豊かにしてくれる穀物も育てたいです。

あとは、水と電気も自給自足にすること。

羊がいるので、羊の毛を刈るのが上手くなったら、紡いで服を作ってみるのも楽しいかな、

まあ、うちの羊は畑で自由に暮らしていて、毛が結構汚いから、どうかな。(笑)

日々の喜び

僕は、野菜が育っていく音を聴くのが好きですね。

野菜の色を見るのも好きですし、家族で畑でピクニックも大好きです。

(食べるものはそこら中にありますから、笑)。

 

毎日が楽しくて、仕事をしてるという感覚は一切ないですよ。

みなさんも、土と繋がり直して、自分と繋がり直してみては?

​Dompierre-sur-Charenteにて

 

Special thanks : Ai TAMURA

​インタビュー&文: Kaori Fujimoto

 

©2020 Flat magazine

All right Reserved