​鏡

濱田兄弟

​和紙職人

和紙とは自身の教材だとおもっています。

 

製作する際に、姿勢として変化したこと。

感覚だけに頼らず、構造や文脈を理解し製作に向き合うようになりました。

 

製作において変わらないこと。

 

基本的には二/ 三百年くらい前でも出来るものを作ってます。

 

この外出制限の期間中に産まれた作品や新たな取り組み。

今ありませんが、長引けば時間のかかる素材研究とかができそうです。

 

​これから制作していきたい作品。

 

さりげない素敵なものをつくっていきたいです

 

高知県にて

 

©︎Hamadawashi

©2020 Flat magazine

All right Reserved